自分で治す方法

女性

自分でいぼを治療するときに絶対に自分でそのいぼを削ってはいけません。なぜならいぼを削るとその患部のなかのウイルスを撒き散らしてしまいそうな結果いぼは大きくなってしまったり、数が増えてしまったりする原因となるからです。いぼは出来てしまった場合には、直接自分の手で触らずに、まずは薬で治療していきましょう。いぼを治療することのできる薬として有名なものといえばイボコロリがあります。このような治療薬には主成分としてサリチル酸という成分が含まれています。このサリチル酸には皮膚の角質を柔らかくする角質軟化作用があるため、患部に塗ったときには、いぼの患部の角質が腐食し、柔らかくなってきます。そのようになると、その皮膚の下では、新しい皮膚を生成しようとして皮膚の細胞分裂を促進します。その結果、いぼは下から精製された皮膚によって持ち上げられいぼは除去できるわけです。このような薬剤のイボ治療のための使い方ですが、まず液体タイプの治療薬の場合には、いぼはできた患部にその薬剤を祈ります。その薬剤を絆創膏タイプである場合には、それを直接患部の表面に貼るだけなので簡単です。入浴後に薬剤を塗るといぼの角質が柔らかくなっているため、薬剤の成分が浸透しやすくなっているためにいぼの治療には効果的です。液体タイプの場合には、その薬剤を乾かすと白い皮膜になります。このようになってしまえば水仕事や入浴などをしても、もう大丈夫です。液体タイプの治療薬の場合には1日2 、 3回から4回程度塗るようにして、 3日から4日塗り続けると患部が白く軟化してきます絆創膏タイプであれば貼ってから、 2日から3日してたら、その絆創膏を剥がして確認をします。その際にいぼが南下していたときにはピンセットなどを使っていぼの芯を取り除きましょう。 このようになってしまえば水仕事や入浴などをしても、もう大丈夫です。液体タイプの治療薬の場合には1日2 、 3回から4回程度塗るようにして、 3日から4日塗り続けると患部が白く軟化してきます絆創膏タイプであれば貼ってから、 2日から3日してたら、その絆創膏を剥がして確認をします。その際にいぼが南下していたときにはピンセットなどを使っていぼの芯を取り除きましょう。 取り除くときに痛みがあるようであれば、無理に除去せずに前述のようないぼの治療薬を塗るようにして、それを繰り返します。液体タイプのいぼの治療薬の場合には、様々な箇所に乗ることができるため、便利なのですが日々に4回以上は塗る必要があるため、仕事をしておられるような人には向いていないかもしれません。絆創膏タイプであれば貼っておくだけで治療できるため、仕事で忙しいような人には推奨できるいぼの治療薬になります。このようにいぼの治療薬を使えば、自分でもいぼを治療することができるのです。しかし、治療薬は自己責任です。痕が残ってしまう危険性もあるので、綺麗に治療したいのであれば、クリニックを受診しましょう。

Copyright© 2019 知っておきたい!いぼ治療【美容外科に相談しよう】 All Rights Reserved.