液体窒素治療法

医者と看護師

保険適用されやすい

病院で受けることができるいぼの治療方法として液体窒素療法(冷凍凝固法)というものがあります(以下、冷凍凝固法と呼ぶ)この冷凍凝固法のメリットとしては、まず第一に保険適用のいぼの治療方法であるということです。いぼの治療するための方法として、前述のようなレーザー治療方法などもありますが、これらは全額自己負担になるケースがほとんどなのです。それに比べてこの冷凍行幸方であれば、保険適用をされやすいため、いぼの治療費用を抑えることができるのです。またこの冷凍凝固法は特別な機器などを必要としないいぼの治療方法ですので、ほとんどの病院で実施されており、その施術時間も5分程度であるため、短時間で治癒ができるというところです。逆にデメリットとしては、この冷凍凝固法の大きなデメリットとしては強い痛みを伴うということです。基本的にはいぼの皮膚の部分を、いわゆる低温火傷状態にして壊死させてしまうため、その部分に水ぶくれや内出血などが起こる場合があります。また、液体窒素を下から綿棒の形に皮膚が色素沈着を起こすことが多々あるため、顔や首などのような目立つ部分のいぼの治療には適していないといえるでしょう。またこの冷凍凝固法によるいぼの治療は1回の治療で患部のすべてを除去することは困難なのでいぼを完全に除去して完治させるためには何回もする人をしなければならないというデメリットがあります。いぼの症状によっては、個人差はあるのですが、完全にいぼを除去できるまでに3ヶ月から1年程度かかることもあります。さらに治療する患部が皮膚の奥深くまで入り込んでいるようないぼの場合には、液体窒素だけで除去することは困難で再発してしまう場合もあるのです。このように冷凍凝固法によるいぼの治療は手軽に受けることができ、保険適用できる反面、様々なデメリットがあるのです。いぼの治療方法にはさまざまな療法はありますが、その患部の状態や予算などを考慮して、医師としっかりと相談をしてから、検査、治療方法にするか決めることを推奨します。

病院えらび

ここではいぼを治療するための病院について解説します。まずいぼを治療しようと思った時の選択肢としては美容皮膚科や皮膚科があります。それぞれにメリットデメリットがあるので、自分にあったものを選択しましょう。美容皮膚科の場合は、綺麗に仕上がることを優先してもらえたり、沢山の治療法から自分に合ったものを選択できる一方で、費用が保険適用外なので比較的高くなります。しかし、一般の皮膚科の場合には、保険適用のため、費用は安く済みます。しかし、あくまでも治療なので、仕上がりの綺麗さや痛みについては、美容皮膚科よりもあまり重視されません。自分がどこを重視したいのか検討してから、病院選びをするといいですよ。また、注意したいのが診療時間や休診日についてです。自宅から通いやすいところでないと、通うのが難しくなってしまいます。また、実際に行って初診を受けるのも重要です。美容皮膚科などではカウンセリングとして無料で受けてもらえるところもあります。実際に見てみることで、自分に合った病院が見つかるはずです。設備が充実しているかや清潔感があるかをしっかり見ておきましょう。また、カウンセリング時の印象もしっかり覚えておきましょう。自分と相性がいい病院を選ぶことはとても大切です。また、お金儲けを考えているだけの病院もあります。よく見極めるようにしましょう。

Copyright© 2019 知っておきたい!いぼ治療【美容外科に相談しよう】 All Rights Reserved.