医者と看護師

液体窒素治療法

液体窒素によるいぼの治療ですが、痛い思いをして、もういぼの治療は終わったと考えていると液体窒素を当てたいぼの箇所を水膨れになっていたりします。しかし、しばらくすれば軽快します。

女性

自分で治す方法

いぼを自分で治す方法もありますが、あまりおすすめできません。特に自分で削る方法はウイルスを撒き散らしてしまい周りの人に感染させてしまう恐れがあるからです。様々な治療薬が市販されています。

女性

いぼにヨクイニンは効く?

いぼに効果的だと言われているヨクイニンは、ウイルス性のいぼの治療としても使われています。身体の中から健康になり、いぼを治しやすい身体を作ってくれます。他の治療法と併用しましょう。

注射療法とは

医者と看護師

注射療法

いぼの注射療法という治療方法は膚のいぼ部分にブレオマイシン・IFNというものを局所的に注射をすることによる治療方法になります。このブレオマイシンというものは、ウイルスのDNAの構成を阻止する作用によってウイルス性のいぼ治療に有効なのです。これは皮膚のいぼの部分に局所的に注射をしてたら、数日後にはいぼの部分がかさぶたとなって脱落するか、その一部は血豆のように黒く変色をして脱落をします。もう1つはIFN、これはインターフェロンというものですが、これはがんやウイルス性肝炎の治療薬として有名ですがこれを患部の周囲を取り囲むように、その皮膚に対して局所的に注射をします。そうすると、免疫採用側とするためいぼの周囲からウイルスの増殖を抑えてくれるわけです。このようにして増殖を抑えることによって治療をすることになります。日本ではあまり一般的な治療ではありませんが、かなり効果的であると証明されています。切除やレーザー治療にどうしても抵抗があるという人は病院で相談してみましょう。

薬剤療法

いぼを治療するために薬剤を使用することがあります。いぼを治療するために使われる薬剤としてはサリチル酸およびホルムアルデヒド、 グルタルアルデヒド、トリクロロ酢酸、カンタリジン、 ポドフィリンなどの薬剤があります。これらの薬剤を使った治療期間はその他のいぼの治療方法に比べると長期間になり、数週間から数ヶ月の間に何回も繰り返してこの薬剤治療を実施する必要があります。 通常、軽度の場合の治療には市販の塗り薬で様子を見るというようなことは有効なのですがいぼを床に患っているような場合には市販の塗り薬だけではなく、専門の病院で受診をすることを推奨します。なお、これらの薬剤の多くは正常な皮膚までヒリヒリさせる、というような刺激があることが多いため、自分でその薬剤をいぼの治療のために塗るような場合には、その使用方法しっかりと守って使用するようにしてください。このようないぼのための薬剤治療はその治療による傷を凍結療法やレーザー療法に比べて精度の話ほとんどないため凍結療法などが困難な小児に対して行うことが多いようです。大人の場合には基本的にレーザー治療などの直接除去する方法がおすすめです。その方が短時間で治療できますし、効果もはっきりしているからです。

Copyright© 2019 知っておきたい!いぼ治療【美容外科に相談しよう】 All Rights Reserved.